Enrollment
…レッスンを試聴中…
音声が再生されるまで
暫くお待ちください
電話ヒンディー語レッスン早わかり
ヒンディー語レッスン一回レッスン
電話ヒンディー語レッスンを漫画で早わかり

毎日式ヒンディー語会話レッスン

毎日必ずヒンディー語会話レッスンをご受講頂けます

レッスンは毎日

  • 毎週5日のヒンディー語会話
  • 講師から電話してレッスン
  • あさイチ、めざましテレビで絶対サボれないと太鼓判
もっと詳しく

レッスンの特長

  • レッスンは早朝~深夜迄開講
  • 効果的な短時間集中レッスン
  • 安心の短期申込制で、料金も格安なヒンディー語学校
もっと詳しく

20年の実績

  • 累計レッスン数200万回超
  • マスコミでも紹介の語学学校
  • NHK語学講座テキストで最多広告数の語学会話スクール
もっと詳しく
ヒンディー語レッスンを毎日電話で

ヒンディー語会話を毎日レッスン

ヒンディー語会話を確実に身に付けて頂くために、毎日講師からお電話してヒンディー語会話レッスンを届けます。頑張らなくても毎日楽に続けられます

ヒンディー語レッスン

ヒンディー語会話レッスンの特長

朝6時から夜12時までヒンディー語会話レッスンを受けられます。レッスンは高効果の短時間集中型。安心な短期申込制 & 格安の料金など特長満載です              

スクール開校20周年の実績

外国語会話の電話レッスンを200万レッスンをお届けしてきました。NHK語学講座テキストの広告掲載数は国内最多です。(2000年以降の国内語学学校の中で最多。当社調査による)

電話ヒンディー語レッスンの無料体験
電話レッスン試聴 (英語版)
ポケットマネーで レッツ体験入学!
電話ヒンディー語レッスンはお薦め

1 電話でリスニング力が急上昇

■効果最強のリスニング訓練方法は

元秘密諜報員の人がテレビ番組の中で『 語学のリスニング訓練は暗室の中で行った 』と 語っていました。その訳は、『 何も見えない暗室で訓練すると、リスニング訓練の効果が最高になるから 』 だそうで、実は視覚が働かない状態でのリスニング訓練は効果が極大化するのです。

■電話レッスンも暗室訓練と同じ

ヒンディー語会話レッスンを電話で行うと、暗室で訓練するのと同じく「講師が見えないので」リスニング訓練としての効果は極大化します。ではなぜ「 講師が見えないと、ヒンディー語会話レッスンの学習効果が増すのか? 」について、詳しくご説明します。

■「 見る 」は「 聞く 」の邪魔をする

人間の五感 (「視覚」、「聴覚」、「味覚」、「嗅覚」、「触覚」 ) の中で、視覚の存在は別格です。何かを見ながら、聞いたり、味わったり、嗅いだりしても、「 見る 」ことに邪魔されて、他の感覚は十分に仕事が出来ないのです。その理由は情報量 ( = 関係細胞数 ) の圧倒的な差です。
実際に「聴覚」と「視覚」を神経の数で比較すると、求心性神経の本数では「視覚」は「聴覚」の約40倍もあり、受容細胞数では「視覚」は「聴覚」の10.000倍の数があるのです。この結果、脳に入る情報量は、「視覚」からの情報量は桁違いに多く、「聴覚」からの情報を凌駕します。ですから、見えていると「聞く=リスニングする」という事に集中できず、ヒンディー語会話レッスンにおいても、「 見えること 」 が、リスニング訓練を大きく邪魔するのです。講師が見えないと聴く事に集中できるので、ヒンディー語のリスニング訓練効果は大きく上がります。
という理由で、人は「聴く」、「嗅ぐ」、「味わう」ことに集中したい時に、無意識に目を閉じます。それは反射行動の一つです。「目を閉じて」視覚情報をゼロにして、耳、鼻、舌に神経を集中させるのです。皆さんもヒンディー語会話学校などでリスニングの時に、集中して聴こうとして、知らずに目をつぶっていた事はありませんか?

             

目を閉じて感覚を研ぎ澄ませます

かすかな

音を聞く

電話ヒンディー語レッスンの効果1
ほのかな

匂いを嗅ぐ

電話ヒンディー語レッスンの効果2
繊細な味を

味わう

電話ヒンディー語レッスンの効果3

上の反射行動を経験した事はありませんか?
電話ヒンディー語会話レッスンの中では、「目を閉じているのと同じ状態」なので、リスニング訓練の効果は極大化します。当学校の電話ヒンディー語会話レッスンの生徒様が 『 電話でヒンディー語会話レッスンを始めたら、リスニングが楽になった 』と言われるのは、電話レッスンがリスニング訓練に最適だからです。
たしかにヒンディー語会話学校やオンラインレッスンでのヒンディー語会話レッスンは、楽しいものです。しかし、対面ヒンディー語会話レッスンやオンラインヒンディー語会話レッスンを受講すると、目から入る大量の視覚情報が、常に生徒のリスニング訓練の邪魔をして聴く力が伸びないのです。

2 電話は話す訓練にも最適

⒈ 電話なら恥ずかしくない

間違うと恥ずかしいので、無難で単純なヒンディー語会話ばかりしてしまう・・・  講師と生徒が顔を見てレッスンする対面型ヒンディー語会話レッスンやオンラインのヒンディー語会話レッスンではよくある話です。でも、これでは上達しません。
一方、電話で行うヒンディー語会話レッスンでは講師の顔が見えないので、思い切り間違っても、対面レッスンのような恥ずかしい思いはしません。『 電話レッスンなら、間違えても恥ずかしくないので積極的に話せるようになった 』という生徒様は沢山いらっしゃいます。どんどん間違えて、どんどん間違えて、講師に修正してもらいながら、上達できます。積極的に喋って、講師に間違いを直してもらいながら、さらに喋る! それがヒンディー語を習得する近道です

⒉ 電話なら必ず毎日続けられる

デイリーコールを始めると、かかってきた電話に出るだけで毎日ヒンディー語会話レッスンを受けられます。毎日必ずヒンディー語会話レッスンを受けて上達しない人はいません。電話ヒンディー語会話レッスンならではの、上達が約束されたシステムです。

⒊ 電話なら早でも夜でも受講できる

ヒンディー語会話レッスンは早朝から深夜まで、ご都合の良い時間に受講できます。電話レッスンでは、講師は貴方の姿が見えません。どうぞ安心してスッピン・パジャマ姿でお気軽に受講して下さい。

⒋ 電話なら凄く安くできる

毎週5日間のヒンディー語会話レッスンを続けて、一年間受講しても10万円以下です。(一番人気の5分20回コースを、固定電話で12か月間ヒンディー語会話レッスンを受講すると 97.200円 です) もちろん殆どの生徒様が、一年後には見違えるほど上達されます。

5 電話なら短時間でも喋れる

語学レッスンのような記憶型の学習では「 短時間レッスン 」こそが高い効果を出します。
なぜ短時間レッスンが良いかというと、「 集中力が持続できるから 」、「 記憶量とのバランスが良いから 」というのが理由です。
実際に、語学レッスンに集中できて、高い効果が期待できる限界は15分間という学説も散見されます。しかし効果が高いとはいえ、当学校以外のヒンディー語学校では短時間レッスンを行なっていません。行いたくても、行えないのです。それは生徒側にも、学校側にも不都合・不合理になるからです。
生徒様にとっては、わざわざ時間とお金をかけて通学するのに、レッスンが短時間では、たとえレッスンの効果が高くても通学する張り合いが薄れます。
一方ヒンディー語会話学校サイドでも、生徒のレッスン管理、教室運営、講師の授業管理などに手間が倍増し、レッスン料金を高額化でもしないと、とても運営できません。
その中で、当校だけが独自のシステムで効果の高い短時間レッスンをご提供してきました。

6 電話ならマンツ―で喋れる

講師がしょっちゅう変わると、ヒンディー語会話レッスンの効果は薄れます。同じ講師とのレッスンを続けると、講師は貴方の癖や弱点見つけやすくなり、指導も的確になります。また同じ講師と毎日ヒンディー語で会話すると次第に親近感も増して、質問もしやすくなり、トークの内容もより広くより深くなります。






電話ヒンディー語レッスンのコースと料金

    
 
電話ヒンディー語レッスンのコース

安くてシンプルな料金システムです。

入学金

¥10,000

受講料

¥4,700~

教材費

¥0~

入学金

¥10,000

入学金は生涯有効です。
生徒様のご家族の方が電話ヒンディー語レッスンおよび他言語の電話レッスンを始められる場合には、入学金を免除させて頂きます。生徒様がホームステイでご宿泊される場合は、5,000円を割引かせて頂きます。

受講料(本コース)

各コースの受講料は、ヒンディー語以外でも、またどのプログラムでも同一です。(マイプログラムは別途所定の料金がかかります)

電話ヒンディー語レッスンの受講料には、電話料金と消費税が含まれており、海外在住の講師から受講しても、料金は変わりません。
電話料金は、受講でご利用の電話の種類 ( 固定電話、携帯電話、PHS ) で、3通りに分かれます。

ハイブリッド・レッスンは、スカイプを利用できるスマートフォン、パソコン等で受講して頂きます。スカイプでレッスン中に通信状態が不調になった時は、スカイプでのレッスンを中止し、お電話にかけ直して電話レッスンをします。
おかけ直しする電話の種類(固定電話か携帯電話)で、受講料が異なります。(現在PHSへのおかけ直しは承れません)

※1 10回コースは2週間
  (月~金曜日の週5日間×2週間)
   20回コースは4週間
  (月~金曜日の週5日間×4週間)
   で、行います。
   (→年間のレッスン日程はこちら)

※2 受講時に利用される電話の種類により、受講料が異なります。

※3 電話ヒンディー語レッスンの受講料は、全国同一料金です。

※4 料金のお振込・お振替にかかる費用は、生徒様にてご負担ください。

※5 電話レッスンの時間はおおよその時間です。授業の進行状態により、多少長くなる事も、短くなる事もあります。

※6 ハイブリッド・レッスンと週末レッスンについてはこちらをご覧ください。

受講料(体験入学コース)

『電話ヒンディー語レッスンを体験してみたい』という方に、気軽に手頃にご利用頂けるのが体験入学コースです。
入学金無しで5日間の電話ヒンディー語レッスンをご利用頂けますので、お気軽にお試し下さい。

※1 電話ヒンディー語レッスンの受講料には、電話料金と消費税が含まれております。
※2 ハイブリッド・レッスンの体験入学コースはございません。ご希望の方は、電話ヒンディー語レッスンの無料体験をご利用下さいませ。

※1 体験入学コースは、ご入学前の方にご利用いただけます。
※2 2回レッスンのコースは2日間、5回レッスンのコースは月~金曜日の1週間で行います。 (→年間の電話ヒンディー語レッスン日程 )
※3~5 前出の※3~5 に準じます。