Enrollment
…レッスンを試聴中…
音声が再生されるまで
暫くお待ちください

フランス語の短時間レッスンで効果最適化

フランス語、フランス語会話の語学学習は記憶型学習です。このため単語やフレーズ、文法などの覚える量の多寡が、学習成果を左右します。
しかし記憶するには限界があります。ある文献によると『 一日に覚えられる新しい単語は二つ程度 』だそうです。
だとすると週に一回、数十分のフランス語のレッスンを受けて、毎週数十、数百の新しい事を教わっても、実際にはその殆どを覚えきれない、という事になります。そこで学習効果の最適化のために創ったのが、電話による毎日の短時間フランス語レッスンです。

電話英会話

短時間のフランス語レッスンだから出来る事

受講に集中できて、記憶しやすくなる
短時間しかフランス語のレッスンが出来ないー と思い、緊張すると、記憶の固定化にかかわる脳の扁桃核が活性化します。『 短時間レッスン 』と意識するだけで、自然に記憶する力が高まるのです。
無理なく覚えられる
短時間の電話レッスンは、3種類の長さ(5分、10分、15分)のレッスン時間から自分の適量の時間を選び、自分のペース、レベルに合わせて、毎日無理なく覚えていけます。
お金と時間の無駄なくフランス語レッスンできる
レッスンの中で新たに大量の知識を詰め込もうとしても、成果は出ません。一日で覚えられるのは僅かな量だからです。お金と時間をかけた分、無駄になります。 当校の短時間電話フランス語レッスンなら、そんな無駄をする事なくフランス語を身に付けられます。
生活上のストレスなくレッスンできます
フランス語レッスンは毎日続けないと効果は出ません。しかし、1レッスンが25分間以上の長時間レッスンになると、毎日続けると忙しい生活に支障が出て、ストレスがたまります。短時間電話レッスンだから無理なく続けられます。

当校は短時間の電話フランス語レッスンです

短時間レッスンと長時間レッスンとの分かれ目ついては諸説いろいろですが、≪15分限界説≫ は良く耳にする説です。 デイリーコールは自らの経験上からも、この15分を’集中の限界’としました。
そしてフランス語電話レッスンでは15分間を最長として、15分、10分、5分の3通りのレッスン時間を設けています。
実際には5分間のレッスンでも、初級者には長すぎるほどのボリュームがあります。
効果的な短時間レッスンを、毎日必ず続ける。これがフランス語の学習としては、最も効果的な勉強法です。